1/6(金)公開映画『A Monster Calls』『Hidden Figures』『Silence』『Underworld: Blood Wars』

シアトル市内・近郊各地

A Monster Calls

傑作児童文学の映画化
www.focusfeatures.com/amonstercalls
パトリック・ネスによる児童文学 『A Monster Calls(邦題:怪物はささやく)』 の映画化。癌におかされた母親(フェリシティ・ジョーンズ)が元気だった頃の楽しい思い出にひたる日々を過ごす、12歳の少年コナー(ルイス・マクドゥーガル)。祖母(シガニー・ウィーバー)に冷たくされ、学校ではいじめられる孤独な日々を送っていたが、ある夜、木の姿をした怪物があらわれ・・・。怪物の声はリーアム・ニーソン。監督はギレルモ・デル・トロ製作総指揮 『The Orphanage(邦題:永遠のこどもたち)』 などを手がけたスペイン人のフアン・アントニオ・バヨナ。

Hidden Figures

NASA を支えたアフリカ系アメリカ人女性たちを描く
www.foxmovies.com/movies/hidden-figures
1962年に地球周回軌道の飛行を達成した初のアメリカ人宇宙飛行士、ジョン・グレン。2016年に他界したグレンのその功績を実現に導いた、NASA(アメリカ航空宇宙局)のアフリカ系アメリカ人女性たちの知られざる活躍を描いた映画。主人公は、2015年に米大統領自由勲章を受賞して注目を浴びたキャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、そして、ジョンソンの同僚だった2人のアフリカ系アメリカ人の女性、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)とメアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。共演は、カーステン・ダンスト、グレン・パウェル、ケヴィン・コスナーほか。オリジナルのサウンドトラックを手がけたのは、ファレル・ウィリアムズ。

Silence

遠藤周作の作品をマーティン・スコセッシ監督が映画化
www.silencemovie.com
キリシタンが弾圧されていた江戸初期の日本・長崎。2人の修道士(アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー)は、消息不明となった高名な宣教師フェレイラ(リーアム・ニーソン)を見つけ出そうと、ポルトガルから日本に潜入するが・・・。マーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作が1966年に発表した作品を28年かけて映画化した。日本からは浅野忠信、窪塚洋介、イッセー尾形、小松菜奈、塚本晋也、加瀬亮、笈田ヨシら実力派が出演。日本語の公式サイトはこちら。 邦題は 『沈黙』。

Underworld: Blood Wars

『アンダーワールド』 シリーズ第5作
www.underworldbloodwars-movie.com
ライカン族(狼男)とヴァンパイア族の戦いが続く世界。女戦士セリーン(ケイト・べッキンセイル)は、ライカン族と自分を裏切ったヴァンパイア族の両方と戦いながら、新たな味方の協力を得て、2つの種族の戦いを終わらせようとするが・・・。監督はこれが初の長編作品となったアンナ・フォースター。

公開日・公開映画館など、記載された情報は予告なく変更される場合がありますので、最新情報は映画館などにお問い合わせください。

キーワード:

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。