ベインブリッジ・アイランド 日系アメリカ人の歴史を伝える

ローカル・アーティストの作品も多く展示するベインブリッジ美術館

「ちょっと島まで日帰りで行ってみよう」

そう思い立ってすぐ行くことができるのが、フェリーに乗って約35分で到着するベインブリッジ・アイランド。ピュージェット湾に浮かぶ島のひとつです。

ベインブリッジ・アイランドは何千年もの長きに渡りスクワミッシュ部族などのネイティブ・アメリカンの居住地でしたが、このあたりを探検してまわっていた1792年にジョージ・バンクーバー海軍士官に発見され、新しい時代を迎えます。製材業と造船業が盛んになり、1880年代には日本やフィリピンからの移民が流入。軍隊の基地としても利用され、人口は約2万3千人に増加しています(2010年国勢調査)。

日系アメリカ人の歴史

1942年当時、ベインブリッジ・アイランドには約250人の日系人が住んでいましたが、同年3月24日に発動された ルーズベルト大統領が発令した大統領令9066号により、全員が強制収容所に送られました。これが、米国西海岸で日系人が強制収容所に送還された最初のケースです。1942年3月30日当日に撮影された写真で最も有名なのは、幼い娘を抱いてフェリーを待つフミコ・ハヤシダさんの写真。ハヤシダさんは強制収容を乗り越え、2014年11月に103歳で亡くなりました。

シアトル出身の作家による小説を、工藤夕貴とイーサン・ホークの共演で映画化した 『Snow Falling on Cedars(ヒマラヤ杉に降る雪)』 もベインブリッジ・アイランドの日系人の収容の様子とその前後を描いています。

2011年には日系人の強制収容を記録するための 『Bainbridge Island Japanese American Exclusion Memorial』 が公開されました。

行き方

WSDOT(ワシントン州運輸局)のアプリでフェリーの運行状況をチェック。

ベインブリッジ・アイランド行きはピア50のターミナルから出発しています。乗船券を購入し、アナウンスに従って乗船します。ベインブリッジ・アイランドからシアトルにフェリー通勤している人も多いので、通勤帰宅ラッシュ時は人が多いですが、天気のいい日は観光で島を訪れる人も多くなります。

デッキで太陽と潮風を浴びながら、のんびりとコーヒーを飲むのもシアトルらしい。船内のカフェではビールやワインも販売されていますが、デッキへの持込はできません。

観光スポット

あっという間に島に到着。フェリーを降りて坂道を登っていくと、『Welcome to Bainbridge Island』 という文字が。

その横にはベインブリッジ美術館があります。ローカルのアーティストの作品も多いので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

その裏には、子供のインタラクティブな遊びが楽しめるキッズ・ディスカバリー・ミュージアムがあります。

この交差点を左に行くと、ウィンスロー(Winslow)と呼ばれる、小さなダウンタウンに入ります。おしゃれなショップやレストランなどが立ち並ぶエリアで、半日は楽しめるはず。

ガーデニング好きにおすすめの 『Bainbridge Gardens』、日本語と英語で俳句が書かれた碑があるベインブリッジ公共図書館の 『俳句の庭』、日本庭園がある広大な森林公園 『Bloedel Reserve』(要予約)、ベインブリッジ歴史博物館などもおすすめです。

食事

島にはグルメなレストランやカフェ、ベーカリーが多いのも、観光客には嬉しいですね。「あそこのパイが食べたい」と言うシアトル住民も多い 『Blackbird Bakery』はいかがでしょう。

ローカルの食材を使ったアイスクリーム 『Mora Iced Creamery』、朝ごはんも食べられる 『Pegasus Coffee House』、アメリカのレトロなブレックファストとランチが楽しめる 『Madison Diner』、シーフード料理がおいしい 『Café Nora』、シアトルのジョージタウンにデリを開店した 『Hitchcock Restaurant』とその隣にある 『Hitchcock Deli』、ビール好きに嬉しい 『Harbor Public House』、『Fork & Spoon』『Restaurant Marche』など。ワイン好きなら 『Bainbridge Vineyards』 でテイスティングを楽しんでみては。

帰りのフェリーから。ダウンタウン・シアトルがきれいです。

掲載:2015年8月

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルを楽しむ」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!