こんなに違う!シアトルの夏と冬の日照時間(春バージョン)

ガス・ワークス・パーク

5月に入りましたが、まだ朝晩は寒い日が続いていますね。でも、冬と比べて、日がずいぶん長くなってきました。

「えっ、もう夜の8時なのにまだ明るい!」
「夏は9時過ぎでも明るいんですよ」

そんな会話をする季節です。

でも、こんなのまだ序の口。北緯47度(南樺太とほぼ同じ!)と緯度の高いシアトルでは、これからもっと日が長くなります!

夏と冬の日照時間の違いをざっくり比べてみました。

日付 日の出 日の入り 日照時間
2017年3月20日(春分の日) 午前7時12分 午後7時23分 12時間17分7秒
2017年6月20日(夏至) 午前5時11分 午後9時10分 15時間59分15秒
2017年12月21日(冬至) 午前7時55分 午後4時20分 8時間25分27秒

デイライト・セービング・タイムは、2017年は3月12日に始まり、午前2時に時間が1時間進みます。そして、11月5日に終わり、午前2時に時間が1時間戻ります。

夏至と冬至の日照時間の差は約7時間34分

掲載:2017年5月 更新:2017年6月

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルを遊ぶ」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。