アーティストの Naoko Morisawa さんが案内する「シアトルのアートなスポット」

各地にさまざまなアートが展示され、美術館や彫刻公園も点在するシアトル。最近では世界レベルの展示会、世界各地からアーティストやギャラリーが参加する巨大アートイベントも開かれるようになり、これからますますの発展が期待されています。シアトルを拠点に活躍するアーティストも少なくありません。

そこで!シリーズ「この人に案内してもらうシアトル」、第3回は日本からシアトルに拠点を移し、さまざまな作品を発表し続け、スタジオとして多数のパブリック・アートも手がける Naoko Morisawa さんに、今のシアトルのアートシーンを体感できるスポットを案内してもらいました。シアトルをさらにディープに探検してみてください。

シアトル・センターのパブリック・アート

シアトル・センターのパブリック・アート

Seattle Art Fair

【今回の案内人】Naoko Morisawa さん(アーティスト)
横浜出身、多摩美術大学デザイン科卒業。日本では商社の宣伝部に所属しパッケージ・デザインなどを手がけたり、カルチャーセンターで絵のインストラクターを務めた。2004年に北米に移住し、本格的なアート活動を開始。
【公式サイト】 www.naokomorisawa.com

※Naoko Morisawa さんのインタビューはこちら

シアトルならではのアートのイベントなら

First Thursday Art Walk
毎月第1木曜に開催される First Thursday Art Walk でギャラリーを見て回るのがおすすめです。パイオニア・スクエアの Occidental Avenue は石畳でしっとりとした雰囲気があり、ギャラリーやレストランが立ち並んでいます。

その中にある比較的新しいフレデリック・ホームズ・ギャラリー(Frederick Holmes And Company- Contemporary Art Gallery)。1階は企画展、2階はホームズ氏のコレクションでもあるシャガール、セザンヌ、ルノアール、そしてサムフランシスなど、誰でも一度は聞いたことのある芸術家の版画やドローイングが展示され、見ごたえがあります。もちろん買うこともできます。(ちなみに私の作品もこのギャラリーにあります!)

Frederick Holmes And Company- Contemporary Art Gallery

Frederick Holmes And Company- Contemporary Art Gallery

この通り一帯がとてもアーティスティックです。なんとなくですが、映画 『Midnight in Paris』 の気分になりますよ。

次に、地元のアーティストのほとんどが足を運ぶ、タシロ・カプラン・ビルディング(Tashiro Kaplan Building)もはずせません。このビルディング全体がギャラリーとスタジオでできていて、老舗のギャラリーもアーティスト個人のスタジオも一斉にオープンします。個人的には、地下1階の Jody Joldersma Studio、2階の Juan Alonso Studio が好きです。気になるアートを見つけたら、スタジオのアーティストに話しかけてみるといいと思います。(「アーティスト、お金はないけど心は豊か・・・?」沢木耕太郎の著書より)日本出身の舞踏家・奥村薫さんのダンスや路上パフォーマンスもありますよ。

この First Thursday Art Walk は、普段はちょっと敷居が高めのギャラリーも気軽に訪問できるチャンスです。そしてギャラリーに集う人たちのおしゃれなファッションを見るのも楽しいです。ということで、シアトルに観光で来るならぜひ第1木曜日を挟んで滞在することをオススメ!

パブリック・アートなら

ダウンタウンからちょっと離れたサウス・レイク・ユニオン地域はアマゾン本社があることで知られていますが、その1階のショーウィンドーに Shunpike が設置する地元アーティストの2D や3D の作品展示も見逃せません。ビルのタイプによってウィンドウの広さや高さもまちまちですが、アーティストの作品の見せ方にも工夫が感じられます。

そしてこのアマゾンビルの区画から Mercer Street を挟んだ向かい側に元マイクロソフトパートナー、ポール・アレン氏個人の Pivot Art+Culture があり、氏のコレクションが常設されています。もちろん企画展もあり。今年のシアトル・アート・フェアの最中は村上隆さん率いる KaiKaiKiKi のアートショーが開かれました。

シアトル・センターのパブリック・アート

シアトル・センターのパブリック・アート

スペースニードルや、世界的なガラス作家チフリー美術館のあるシアトル・センターには、シアトル市の企画した新進アーティストによるパブリック・アートが展示されています。アーティスト自ら選んだ場所に設置してあるので、探すのが楽しくもあり見つけづらいことも。木の上からぶら下がっていたり、アレっ?と思うような場所に発見するかもしれません。このパブリック・アートには、風雨に強い素材・安全性・耐久性などが求められます。新しい素材を考えたりしている時にふらりと散策すると、いいアイデアが出るかもしれませんね。とても大きな噴水があり、お天気のいい日には水を見ながらのんびりできます。

隣接する KEPX 90.3FM 本社1階の La Marzocco Cafe & Showroom はとても雰囲気のいいカフェ。カウンターもテーブル席もあり、KEXP の放送が流れ、とてもカジュアルです。

La Marzocco Cafe & Showroom

La Marzocco Cafe & Showroom

アートの道具を買うなら

Blick Art Materials
アート用品を買うのならキャピトル・ヒルのBlick Art Materials が便利です。お店の前にあるギターを弾くジミ・ヘンドリックスの銅像が目印。たいていの画材はここで揃うはずです。オリジナル製品も豊富で、ついつい長居してしまいます。

北欧の雰囲気を味わうなら

バラード
ダウンタウンの北東に位置するお洒落でカジュアルなバラード地域の散策も楽しいです。北欧からの移民が多く移り住んだところで、北欧気分の小物ショップなどが並んでいます。ワンちゃんのお散歩率も高いです。北欧からの移民の歴史を見るなら、Nordic Heritage Museum へ。

アーティストの街なら

Port Townsend(ポート・タウンゼンド)
シアトルから車ごとワシントン州フェリーに乗って、アーティストがたくさん住むポート・タウンゼンドまで足をのばすのもお勧め。ダウンタウンはレンガのビルとかわいい街並みでほっこりとした時間をすごすことができます。中心地に並ぶ North Wind Art Center をはじめとするギャラリーものぞいてみましょう。古い映画ですが、リチャード・ギア主演の『An Office and a Gentleman (邦題: 愛と青春の旅立ち)』 もこの町で撮影されました。

Port Townsend

Port Townsend

掲載:2017年1月

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルを遊ぶ」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。