シアトルの夏は外で食事を テラス席の素敵なお店10選

キラキラした日差しが、澄んだ空気に輝く。カラッとした暖かい風を肌に感じ、開放感ある屋外での食事は、シアトルの夏に欠かせません。ビジネスランチ、女子会、家族ディナー、ゲストとの食事などに使える、テラス席のあるレストランを厳選してご紹介します。

マージョリー(キャピトル・ヒル)

Marjorie Restaurant

キャピトル・ヒルにある、地元食材を使った創作料理レストラン「マージョリー」。都心の喧騒の中にあるこじんまりとしたパティオは、緑豊かなガーデンにポップな色の椅子が生え、おしゃれで居心地のいい空間。看板料理の「プランテーン・チップス」は要チェック。

Marjorie
住所 1412 East Union Street, Seattle (地図
電話 (206) 441-9842
公式サイト www.marjorierestaurant.com

マリネーション・マカイ(ウエスト・シアトル)

Marination Ma Kai

ダウンタウンのウォーターフロント発ウエスト・シアトル行の水上タクシー降り場にある、韓国風ハワイアン料理店「マリネーション・マカイ」。カルビ・タコス、キムチ・ケサディーヤ、スパム・スライダーなど、ユニークなメニューも評判。テイクアウトして公園でピクニックするのも良し、バーカウンターのあるテラス席でカクテルや地ビールとともにいただくのも良し。エリオット湾の向こうにダウンタウンのスカイラインが浮かび、「シアトルの街」を堪能できる。

Marination Ma Kai
住所 1660 Harbor Avenue SW, Seattle (地図
電話 (206) 328-8226
公式サイト marinationmobile.com/location

アグアベルデ・カフェ(ウォーリングフォード)

Agua Verde cafe

カヤックのレンタル場の二階にあり、海の家のような風貌のメキシカン「アグアベルデ・カフェ」。レイク・ユニオンに面したポーチからは、カヤックの発着や波止場のボートや対岸の公園など、水上の風景が間近に眺められる。地元素材を使った料理も定評があり、ブレックファスト・ブリート、マンゴディーヤ(マンゴー+ケサディーヤ)、各種マルガリータなど、伝統&創作メキシカン料理が味わえる。

Agua Verde cafe
住所 1303 NE Boat Street, Seattle (地図
電話 (206) 545-8570
公式サイト aguaverde.com

ビーチ・カフェ(カークランド)

Beach Cafe

カークランドのダウンタウンから少し南のウォーターフロントにあるウッドマーク・ホテル内のカフェ。閑静な住宅街にあり、特にハッピーアワー時は地元住民の利用も多い。濃紺色のレイク・ワシントン、湖の向こうのシアトル・スカイライン、背景に浮かぶオリンピック山脈が、遮られることなく見渡せる、豪華な眺め。日が落ちて寒くなったら、ヒーターとブランケットを借りられる

Beach Cafe
住所 1170 Carillon Point, Kirkland (地図
電話 (425) 889-0303
公式サイト thewoodmark.com/beachcafe

ストーンハウス・カフェ(レーニア・ビーチ)

The Stone House Cafe

レーニア・ビーチにある石造りの可愛い建物が印象的な「ストーンハウス・カフェ」。色とりどりの花の咲くガーデンテラスからは、透き通ったレイク・ワシントンが見える。その眺めと店内の居心地の良さは文句なし。ベーカリーやバーもあり、メニューは朝食、軽食、ディナー、キッズと、広い需要をカバーしている。

The Stone House Cafe
住所 9701 Rainier Avenue South, Seattle (地図
電話 (206) 397-4102
公式サイト www.thestonehousecafe.com

ブリマー&ヒールタップ(フリラード)

Brimmer & Heeltap

写真:Will Foster willfosterphoto.com

フリラード(フリーモントとバラードの間)にある、話題のビストロ・パブ「ブリマー&ヒールタップ」。厳選されたメニュー、素材にこだわった料理、地元クラフトビールや充実したワインリストなど、昨今のシアトルのトレンドを網羅した人気店。評判の料理やオリジナルカクテルがフォーカスされがちだが、雰囲気のある素敵なパティオも見逃せない。ディナーと週末ブランチのみ営業。

Brimmer & Heeltap
住所 425 NW Market Street, Seattle (地図
電話 (206) 420-2534
公式サイト www.brimmerandheeltap.com

リトル・ウォーター・カンティーナ(イーストレイク)

Little Water Cantina

広々としたデッキと雰囲気の良さという点では、おしゃれなメキシカン・レストラン「リトル・ウォーター・カンティーナ」に勝る店はない。青い空とレイク・ユニオンを見下ろすオープンビューに、セールボートやカヤックが行き交い、水上飛行機のエンジン音が響く。湖からのしっとりした空気を肌に感じながらのタコスとマルガリータで至福の時を。

Little Water Cantina
住所 2865 Eastlake Avenue East, Seattle (地図
電話 (206) 397-4940
公式サイト www.littlewatercantina.com

レイズ・カフェ(バラード)

Ray's Cafe

眺めのいい店として定評のある老舗レストラン。デッキからのビューは格別で、日没時には、赤く染まったシルショア湾に見え隠れするアザラシを数えるなんてこともできる。日本人好みの人気メニューは、酒粕を使ったブラックコッド(オヒョウ)のグリル。ヒーターとブランケットが常備されている。ちょっと改まった食事をするなら、1階のボートハウスで。

Ray’s Cafe
住所 6049 Seaview Avenue NW, Seattle (地図
電話 (206) 782-0094
公式サイト rays.com

ビッグ・チッキ(ヒルマンシティ)

Big Chickie

レーニア・アベニュー沿いにあるファミリー向けのチキン料理店「ビッグ・チッキ」。木製テーブルと赤い椅子が印象的な屋外席は、透明シートで防御されているので、雨が降っても風が吹いても大丈夫。席数が多く、待たずにテーブルにつけるのもポイント。オススメは「炭焼きロッティセリ(回転式串焼き)チキン」に「コーンマフィン」をサイドで。デザートにローカルの人気店 『Full Tit』 のアイスクリームを添えたシナモン・スライスをオーダーすれば、ますますアメリカン!

Big Chickie
住所 5520 Rainier Avenue South, Seattle (地図
電話 (206) 946-1519
公式サイト bigchickie.com

ピンクドア(パイク・プレース・マーケット)

パイク・プレース・マーケットの路地裏にあるイタリアン・レストラン「ピンクドア」。夜のライブミュージックやキャバレーショーでお馴染みのゴージャスな装飾を施した薄暗い店内とは異なり、エリオット湾が見えるデッキ席は、明るい日差しと爽やかな潮風が届く心地いいアウトドア空間。ガーデン・ブルスケッタやチオピーノなど、オーソドックスなイタリア料理はシアトライトのお墨付き。

Pink Door
住所 1919 Post Alley, Seattle (地図
電話 (206) 443-3241
公式サイト thepinkdoor.net

※真夏でもシアトルの夜は気温が下がります。ブランケットやヒーターを用意しているお店も多いですが、上着も忘れずに。

掲載:2016年7月  文:渡辺菜穂子

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルで食べる」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!