【シアトル発】人気シェフによる ニューオープンのレストラン&バー5選

Tavolàta Capitol Hill

これからの季節、デートに女子会に大活躍しそうな旬のレストランを集めました。実力はお墨付きの料理人の新店だけに、目にも舌にもおいしいひと時が過ごせるはず。

Bateau(パイン/パイク)

Bateau

今をときめく2016年ジェームズ・ビアード賞シェフ、ルネー・エリクソン氏が手がける最新レストランはステーキ・ハウス。ピュージェット湾に浮かぶウィッビー・アイランドに農場を持つことから始まり、自前で牧草牛を育て、さばき、ドライ・エイジングし、そして調理に至るという正真正銘の「Farm-to-table(ファーム・トゥ・テーブル)」を実現させています。肉がガッツリ食べられ、食材のクオリティやオシャレ度も文句なしという、欲張り肉食系女子にぴったりな店。

Bateau
Bateau
住所 1040 East Union Street, Seattle (地図
電話 (206) 900-8699
公式サイト www.restaurantbateau.com

Tavolàta Capitol Hill(パイン/パイク)

Tavolàta Capitol Hill

シアトル料理界のトップを走り続けているイーサン・ストウェル氏が2016年6月に新しくオープンしたのは、ベルタウンにある既存店の姉妹店。自家製パスタと地元の新鮮食材を用いた、シンプルにおいしい料理を追求する姿勢はそのままに、再開発で生まれ変わったパイン/パイク界隈にモダンなイタリア料理で新風を吹き込みます。名物の長テーブルも健在で、同僚や仲間との飲み会に重宝しそう。

Tavolàta Capitol Hill
住所 501 East Pike Street, Seattle (地図
電話 (206) 420-8355
公式サイト www.ethanstowellrestaurants.com/locations/tavolata-capitol-hill/

Bruciato(ベインブリッジ・アイランド)

Hitchcockなどの人気レストランを営む注目シェフ、ブレンダン・マッギル氏によるピッツェリアが、2016年末をめどにベインブリッジ・アイランドにオープン予定です。そのピザはイタリアの伝統的なナポリ・スタイルで、地元の食材もふんだんに使用。すでにファーマーズ・マーケットほか、Hitchcock では月曜夜のポップ・アップとして登場しています。

Bruciato
住所 240 Winslow Way East, Bainbridge Island (地図
電話 (206) 201-3789
公式サイト pizzeriabruciato.com

Raccolto(ウエスト・シアトル)

Vendemmia、East Anchor Seafood の成功で早くもシアトルのベスト・イタリアン・シェフの仲間入りをした新鋭、ブライアン・クレベンジャー氏によるパスタ・ハウス。2016年10月のオープンが見込まれており、手作りパスタはもちろん、得意のシーフード、野菜を中心とした料理が提供される予定です。ハッピー・アワーも期待大!

Raccolto
住所 4147 California Avenue SW, Seattle (地図
公式サイト www.raccoltoseattle.com

Upper Bar Ferdinand(キャピトル・ヒル)

Sitka & Spruce、London Plane など斬新なコンセプトでグルメ通を唸らせるマット・ディロン氏が、2015年に完成したキャピトル・ヒルの最新お出かけスポット、Chophouse Row に進出。日替わりとなる独創的な小皿料理をつまみに、少量生産のワインなど世界各国のレアなお酒が楽しめます。

Upper Bar Ferdinand
住所 1424 11th Avenue, Seattle (地図
電話 (206) 693-2434
公式サイト www.barferdinandseattle.com

掲載:2016年9月 取材・文:ハントシンガー典子

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルで食べる」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。

Fandango Now Tickets for AMC Theatres!