Lighthouse Roasters コミュニティに根付いた隠れ家的雰囲気のカフェ

Lighthouse Roasters

のんびりとチェスを楽しむカップル

フリーモントの繁華街を少し離れた閑静な住宅地の一角にある Lighthouse Roasters。1990年代前半、スターバックスが大企業に成長しはじめたことで、地元で良質のコーヒーを提供する場所がなくなりつつあると感じたローストマスター兼オーナーのエド・リーブリックスさんが 1994年に開店したインディペンデント系のロースター&カフェだ。

シアトル在住者のみならず、市外在住者やプロのバリスタ達の間でもファンが多いこのカフェは、手前にカウンターとテーブル席、奥にロースターがあるという、これと言った特徴のない店。しかし、どこか温かい雰囲気が感じられるのは不思議だ。

取材当日、エスプレッソを作るマシンの後ろでは、ベテラン・バリスタのルースさんが1人で店を切り盛りしていた。平日の午後にもかかわらず次から次へとお客が入ってきては、「ハイ、ルース!」「今日の調子はどう?」「いつものドリンクを頼むよ」と、いかにも常連らしき挨拶をする。ルースさんも一瞬も手を止めることなく、てきぱきとドリンクを作りながら、お客それぞれに声をかけ、話をし、冗談を言い、みんなで笑ったりする。その明るく気さくな様子に、こちらまで楽しくなってしまう。バリスタの仕事は、ドリンクを作るだけでなく、コミュニケーションもとても大事なのだということを見せられた思いがした。

ここで仕事を始めたきっかけを教えてください。
このカフェはもともとサンド・ポイント・ウェイにあったのですが、当時僕はその近所に住んでいたので、毎日通っているうちにオーナーと友達になりました。その後、職を探していた頃に「フリーモントに開店するから働いてみないか」と誘われたのがきっかけです。

では、バリスタという職業に特別に興味があったわけではないんですか?
いいえ、常に興味はありました。僕が生まれ育ったマサチューセッツ州のレストランで勤務していた頃にエスプレッソに出会い、その時から興味を抱いていました。

どんなトレーニングを受けましたか?
経験者からトレーニングを受けました。でも、形式ばったものではなく、マニュアルもありませんでした。仕事をしながら学ぶスタイルです。

バリスタの仕事のどこが好きですか?また、大変なことはありますか?
(お客も含めて)ここに関わっている人々が好きです。いろいろなカフェを転々としましたが、ここに10年もいるのは、働くにはとても良い場所だから。それに、やはりコーヒーを作るのが好きです。だからたいていのことは大変とは感じません。

どのような人がバリスタに適していると思われますか?

まずコーヒーに関して言えば、自分が作っているものに精通していること。また、エスプレッソはその日の豆の状態で出方が変わってきますので、常に同じ方法では良いコーヒーが出せないことを認識しなければいけません。その他は、とにかくフレンドリーであることでしょう。

1 2 次のページ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「シアトルでコーヒー & カフェ」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。