ショートムービーを作りました。出演:シアトル在住の照明デザイナー・木下有理さん

2017年8月16日(水)

京都出身でシアトル在住の照明デザイナー、木下有理さんをフィーチャーしたショートムービー、『風雅 | Fuga』 を、マレーシア出身のフィルムメーカー、アンドリューさんと制作し、公開しました!

『風雅 | Fuga』 とは、木下さんが制作し、8月5日に一日だけ一般公開された大型の作品。

木下さんのアートへの想い、シアトルのあちこちにある大きな木からインスピレーションを得て作品にしていく様子をぜひご覧ください!

Fuga from Andrew Gooi on Vimeo.

"Fuga" is the latest artwork of light artist, Yuri Kinoshita (yurikinoshita.com). Fuga is the concept of Illumination of falling leaves to celebrate life’s joy. This artwork is handmade with 4800 LED lights wrapped in 2500 silk cocoons donated by the Japanese silk company, Marusugi.

50,000 pieces of paper leaves were cut and used to simulate the falling leaves. Also, the trunk of this artwork was wrapped with dyed bamboo and linen fiber – around a fabricated steel frame with support from fabricator, Rob Hendrickson.

Director/Cinematographer/Editor: Andrew Gooi
Producer: Takumi Ohno

この作品に使われた LED 電球は4,800個。これを鉄の棒に一つ一つ手でつけ、さらに日本の丸杉から提供を受けた繭で包み、あたたかみのある優しい光を発するように仕上げています。

そして紐を引っ張ると、木の上から葉がひらひらと舞い降りてきて、なんだか風が吹いたかのような体験ができるんです。思わず、「わ~」と言ってしまいました。

公開当日はたくさんの人が会場の Inspace Arts を訪れ、

「わあー」

とびっくりし、

「きもちがいい」
「ここでランチ食べたい」
「この木の下で昼寝したい」
「この木の下でビールを飲みたい」

と話していました。

「そういうふうに人が思ってもうたり言うてくれたりしたら、一番嬉しい」と木下さん。

「そういうことを人が言葉にあらわしてくれるときが、成功したって自分の中で思える瞬間です」。

キーワード:

コメント

この記事にコメントする

※コメントは承認制です。公開までに時間がかかることがあります。
※弊社へのご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。コメント欄はご使用になれません。
※内容によって掲載をお断りする場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「スタッフブログ」の新着コメント

このカテゴリーのコメントはありません。